菊炭の里

菊炭の里・里開き

「菊炭の里・里開き」
伝統継承と地域活性化を目標に走ってきた試行2年間の総まとめのイベントです。

能勢の長い冬が終わりようやく春がやってきました。今日は菊炭の里・里開きの日です。

会場となるのは旧田尻小学校。2016年3月に閉校となりました。

設立は1875年。明治8年です。

当時はこんな木造校舎でした。

1956年当時の写真。

創立100周年のときに埋めたカプセルの中に入っていたメッセージ。残念ながら創立150年を迎える前にカプセルを掘り出すことになりました。
参考リンク

歴史を振り返るのはこれくらいにしまして…田尻は未来に向かって進んでいます。

畳の上に火鉢、その中で熾る菊炭。
これが能勢田尻流のおもてなし。

本日は畳の上で火鉢を囲むスタイル。火鉢の中に熾るのはもちろん菊炭。ここは菊炭の里・田尻です。

開場と同時に続々と来場者がお見えになりました。

靴を脱いで畳の上にあがります。

菊炭の里