菊炭の里

菊炭と生産地域を未来に繋ぐために
数年前から植樹活動に取り組んでいます。
ある方と出会い、活動への想いがさらに強くなりました。
今回その方を私達の植樹地にお招きし
皆さんとともにお話をお聴きしたいと思います。

宮城県の気仙沼で牡蠣を育てる畠山さん。

畠山重篤さん宮城県の気仙沼で牡蠣を育てる畠山重篤さんは、30年以上にわたって植林活動を行っておられます。また、中山間地の森林を涵養している地域の子どもたちを海へ招き、体験活動などを通して森の大切さを語られる活動も行っておられます。

なぜ漁業を営む畠山さんが植林や森の大切さを語る活動をされているのでしょうか?

今から50年前、海は汚れていた。

気仙沼漁港漁業の盛んな町、気仙沼。写真のように美しい海が印象的です。

でも実は今から50年前は赤潮で海が汚れていました。海が赤くなると、牡蠣も赤くなり、赤い牡蠣は全て廃棄処分になってしまったそうです。

「このままでは漁ができなくなる。なんとか、赤潮にまみれた海を、もう一度、元の青い海に戻すことはできないものか?」

海を良くするためには森を見なくては、と気づいた。

畠山重篤さん畠山さんが調べていくと赤潮の原因の一つは、家庭排水や農家の使う農薬の流入であることがわかりました。山の森林が荒れ、泥水が川に流れ込むのも問題でした。そして畠山さんは気仙沼に注ぐ大川の上流に落葉広葉樹の植樹をすることを思いついたのです。

1989年に始まったこの植樹運動によって、気仙沼は再び海の青さを取り戻しました。この活動は「森は海の恋人」と呼ばれ、教科書に掲載されるほど有名になりました。

東日本大震災で漁場は壊滅的な被害を受けたにも拘らずカキ養殖を再開することができたのは、これまでの植林と森の手入れのお蔭でした。

能勢から気仙沼まで行ってきました。

小谷さん炭焼き師・小谷さんは能勢町から1000キロメートルの旅をして、世界5大陸から1人づつ選ばれた”フォレストヒーローズ(森の英雄)” の1人でもある畠山さんに会いに行きました。

私たち菊炭振興協議会は菊炭と里山を未来につなぐ植樹会を中心に、菊炭文化と山間部地域を含めた里山を都市農村交流で持続可能にしていくという考えを基軸に活動しています。今年度はその活動をもっと広げるとともに参加者方々とのつながりを厚く長く継続していける工夫を加えたい、そのために畠山さんの力をお借りしたかったのです。

「炭焼き師」と「漁師」の出会い。

畠山さんと小谷さん私たちの植樹地に降りそそぐ雨は田尻川から猪名川そして大阪湾に流れます。川上と川下、農山村と都市の環境に大きく関わる活動です。

「是非、畠山さんの30年の取組を私たちの植樹地でみんなの前でお話をきかせていただけませんか。」

小谷さんの願いが伝わり、畠山さんから快諾いただきました。そして今回の「森の中の講演会」が実現することになりました。

イベント詳細

イベント名 「森の中の講演会」〜森は海の恋人・畠山重篤さんをお招きして〜
開催日時 2019年9月8日(日)13:30〜16:00(現地)
会場 荒木谷植樹地
植樹地近くの木立の中が会場です!
木立の中ですが、飲み物や帽子等の十分な暑さ対策をお願いいたします。
(雨天:旧田尻小学校体育館)
集合場所:能勢さとやま創造館(大阪府豊能郡能勢町下田尻303番2)
イベント内容 宮城県の気仙沼で牡蠣を育てる畠山さんは30年にわたり「豊かな海産物を育む海は、広葉樹の森から運ばれてくる豊かな養分によって支えられている」と上流の山へ植樹を続けてこられ様々な成果をあげられてきました。「森・里・海の関わりを限りなく自然に近づけるのはそこに生活する人間の責任であり、人の心持次第です。」と常に問いかけられています。
また、菊炭の里の地元のパートナーの高校生達(前日にドイツから帰国)が地球環境的な視点で地域の森を守るために日夜奮闘する姿をご紹介します。

定員 200名
参加費 大人1人 1000円  大学生以下は無料
主催 大阪能勢田尻菊炭振興協議会

お申し込みはこちらから

イベント名 「森の中の講演会」〜森は海の恋人・畠山重篤さんをお招きして〜
日時 2019年9月8日(日)13:30〜16:00(現地)
お名前 (必須)
ふりがな (必須)
その他参加者全員のお名前
(1行ずつお書き下さい)

大人:菊炭太郎:きくすみ たろう
小3:10歳:菊炭花子:きくすみ はなこ
人数(必須) ※代表者含む
中学生以下は保護者同伴。
郵便番号 (必須)
都道府県 (必須)

市区町村以降の住所 (必須)
メールアドレス (必須)
携帯番号 (必須)
通信欄
(何かあればお書き下さい)
プライバシーポリシー
(個人情報保護方針)
同意確認

プライバシーポリシー

菊炭振興協議会(以下「当会」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、個人情報の保護を推進致します。

1 個人情報の管理

当会は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。

2 個人情報の利用目的

お客さまからお預かりした個人情報は、当会からのご連絡やご案内、ご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。

3 個人情報の第三者への開示・提供の禁止

当会は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。
(1)お客さまの同意がある場合
(2)お客さまが希望されるサービスを行なうために当会が業務を委託する業者に対して開示する場合
(3)法令に基づき開示することが必要である場合

4 個人情報の安全対策

当会は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。

5 ご本人の照会

お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。

6 法令、規範の遵守と見直し

当会は、保有する個人情報に関して適用される法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。

12 お問い合わせ先

当会の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。

大阪能勢田尻菊炭振興協議会
(事務局:能勢さとやま創造館)
電話番号:072-737-1902
不在が多く、つながらない場合があります。
Mail: info@kikusumi.com

個人情報の取り扱いについては、上記に記載されているプライバシーポリシーを遵守します。「プライバシーポリシー」に同意いただける場合は、「同意する」にチェックを付け、「送信」ボタンをクリックして下さい


森と海はつながっている