カテゴリー
ドングリのホームステイ事業

都会ではどんぐりの成長が早いのか?

6月28日 今日はどんぐり畑の密集したクヌギ苗の移植作業を予定していましたが雨模様で延期しました。

そこに、いつも懇意にしてもらってます英語講師カーン先生がうちの子はポットに2本芽が出て大きくなってきて窮屈そうだと相談がありました。

話を聴くと、一つのポットに能勢と都会の公園のどんぐりを二つ植えられたとのこと、3月まで全く沈黙だったのにいきなり芽を出しスクスクと伸び出したとのことです。私のどんぐり苗より茎も葉っぱも大きくしっかりしています。先生いわく都会はご飯となる二酸化炭素が豊富だからじゃない!!って。ほんとかねぇ?

ということで一つのポットに一本づつに移植しました。

カテゴリー
お知らせ ドングリのホームステイ事業 植樹会

おかげさまで植樹会完了しました!!

6月6日(土)に「菊炭と里山を未来につなぐ植樹会」を無事終えることが出来ました。ご参加の皆様ありがとうございました。本年は当初4月に予定していましたが新型コロナ対応で延期していました。詳細はリポートをご覧下さい。

当日からかなりの日照りが続き苗が枯れるのではと心配をしていました。やはり2から3割程度葉が枯れていました。この時期の植樹は無理があるのでしょうか。その後10日から梅雨入りしなんとか頑張ってくれています。復活を期待しています。

当日はどんぐり畑に育つ新しい苗の植替えも行いました。来年度の「どんぐりのホームステイ事業」に向けてのトライヤルです。

カテゴリー
お知らせ ドングリのホームステイ事業

「希望のどんぐり」のお世話をしました。

5月30日(土)菊炭の里スタッフ及び菊炭クラブのメンバーにて昨年植えた「どんぐり畑」の草引きを行いました。

時期をみてポットに植替えてホームステイにだす予定です。

ホストファミリーの募集はこれからです。皆様ご協力お願いいたします!!

カテゴリー
ドングリのホームステイ事業

希望のどんぐり!!

ちょろっと芽が出始めました!!

昨年10月にみんなで植えたどんぐりがポツリポツリと芽が出てきています。世間は新型コロナで大騒ぎの最中、里山ではそんなこと全く関係ありません。試験的に植えたポットと畑から目を凝らさないと見つけられない小さな小さな芽が出始めています。

自粛事情で大きな畑の方は草引きができなくてボウボウですがその中で頑張ってでてきています。

自粛が明けたら草引き観察会など持ちたいなと思っています。

この畑には1000個のどんぐりが潜んでいます。よーく観てくだいね。

カテゴリー
ドングリのホームステイ事業

どんぐりを育てる!!

ドングリのホームステイ事業

私たちは菊炭の原木となるクヌギがとても大切です。しかし、自然災害や鹿の食害などで良質な原木が少なくなってきています。菊炭の里では「菊炭と里山を未来につなぐ植樹会」として毎年クヌギを植えてきました。そしてこれからはその苗もドングリから育てようと昨年よりドングリ事業を始めました。

私たちの活動は都市と農村の協働で双方に持続可能な地域づくりを目指しています。そこで里山のドングリを鹿害の無い都市で育ててもらい里山に植えるという「ドングリのホームステイ」事業をすすめています。

ドングリトラップ